12周年誠にありがとうございました!

Posted by sayaca on 28 February, 2017
Category ブログ



「簡単で月並みではありますが、皆様へお礼申し上げます」

先週末の12周年企画でお祝いに駆けつけて下さった皆様、本当にありがとうございました!!
お差し入れや、お酒など頂戴しましたことも大変有難く思っております(#^^#)


お客様がお越しくださるかと心配な数日間でしたが、おかげさまでこれまで以上に皆様の温かいお気持ちを感じ、とても嬉しく心から感謝しております。


これからもスタッフ共に協力しあい、よりよいお店造りを目指し、素敵なバーテンダーを目指し、精進してまいりますのでどうぞこれからも宜しくお願い致します!!


記念に頂いたお花・・・スゴイ可愛いのです(^^♪



(インスタグラム風?(^^;)


 



第2夜

Posted by sayaca on 25 February, 2017
Category ブログ


『12周年記念企画第2夜』


昨夜はお祝いにお集まりくださいましたお客様、本当にありがとうございました・・・!!

おかげさまで私たちスタッフもとっても嬉しく楽しい一夜となりました。

お酒も飲み過ぎることなく・・・????
今夜はどんな記念日になる事でしょうか

引き続き、ウイスキー&カクテルのお得な周年企画で皆様をお待ちしております。


スタッフの若ちゃんが久しぶりにデザートを作ってくるようなので、スイーツ男子(?)の方はお楽しみになさってくださいね(^^♪


今夜もミナサマと乾杯できる事を楽しみにお待ちしております(#^^#)



 



ありがとうございます!

Posted by sayaca on 24 February, 2017
Category ブログ


『おかげさまで12周年』


たくさんの皆様のおかげで当店12周年を迎える事が出来ました。
今日、明日は感謝企画をご用意しています!
ワタクシも、ラストまで出ております。
諸々は昨日までのブログに長く書いているので今日はシンプルに・・・・・


ぜひ、祝いに来て下さい!(^^♪




かんぱい!!
 




『12周年祝いソサエティ久々の3本入荷です』

昨日は夕方の早い時間に、元スタッフの大学生(就職活動中)、滝ちゃんが顔を出してくれて、ほっこり嬉しかった私です。
それでもって、明日明後日の周年企画2デイズ、うまくいくかしらとドキドキのこの数日間です。

パーティをやる訳でもないのに、企画事というのは未だに毎回ドキドキ。
その内容をおさらいしますね。
《24.25の2日間は、お客様感謝企画!》
★ポイント3倍★ウイスキー30%offボトル20%off★カクテルall800円★スタッフのオススメフードall500円〜〜〜〜

ご来店の皆さまがお得な企画ですので、ぜひともお立ち寄り下さいますように‥(*^^*)


〜そして大物新入荷ウイスキーのご紹介〜

ソサエティのウイスキーと言えば、何度もご紹介していますがラベルに蒸留所名を書かない事で、先入観に囚われずにウイスキーありのままを楽しむというコンセプトなのですが、
今回12周年に向けて選んだ3本もまた、魅力的なテイスティング・タイトル(銘柄の代わりにテイスティングの感想を代表するタイトルが付けられています)となっています(^^)

これぞシングルモルト!な3本ですので、
ゼヒ!お楽しみいただければ嬉しい限りです。



『危険なまでに飲みやすい』
ベンリネス18年
★無口でシャイな硬派、と言ってしまう評論家がいるくらい、露出も少なく覚えずらい銘柄のベンリネス。便利です、と言いたくなってしまいます(私だけじゃないはず)。
危険なまでに飲みやすい、というのは飲んでみないとわかりませんが、ソサエティ日本支部の方のコメントによれば、駄菓子のイチゴゼリーの様な甘いフレーバーが広がり、その横にはミントが添えられて、、というコメントがありました。なんとも詩的な感じです。最近強いお酒がキツくなってきた私はぜひ飲んでみたいと思いました。

『マンゴーとココナッツのカレー』
グレンロッシー 23年
★殆どブレンド用に使われていてシングルモルトとしてのボトリングの少ないグレンロッシーです。元々、桃やアプリコットなどフルーティな甘みが特徴と言われているだけあって、このテイスティングタイトルもうなづけるような。
カレーのスパイシーさよりは、マンゴーやココナッツと言った甘みや香りを楽しめる不思議な1本。

『刺激的で高揚する』
プラドノック25年
★数少ないローランド地方の蒸留所、その他多くの蒸留所がそうであったように、ウイスキー事業は順風満帆とはいかず、何度となく閉鎖やオーナーの変遷を経ております。直近では2015年に新しい買い手がついてついに再開か?!という情報から現在はどーなんでしょうか。
ただ、大人しい印象のローランドモルトの中では個性的で評価されているプラドノックの貴重な1990年蒸留の25年ものですので、飲まずには要られませんよ。


それでは皆さま、日中は悪天候のようですので、事故などにお気をつけて!
夜には止む事を祈っています(^_^;)


 



美味しい新入荷と、おつまみの宣伝。

Posted by sayaca on 22 February, 2017
Category ブログ


『周年企画のアレコレ』

連日お知らせしていますが(^^;
今週の24(金)25(土)は、GIN-JOINTS12周年企画をご用意しています。
(内容は前回のblogにて)

毎度こういう時にスタッフが自慢の?おつまみを準備していますが、
今回も皆様のお酒のアテになればと、ご用意しています(^^)

“ピリ辛チリビーンズ”、“海老大好きさんのガーリック・シュリンプ“、“栄養満点レバーパテ”など、、、、
土曜日は久々に、スタッフわかちゃんのデザートが出るかも知れません。
元スタイルもあそびに来るかも‥⁈!

ぜひぜひ、皆様ちょっとのお時間でもありましたらお立ち寄り下さいますようお願い申し上げます‼︎

★金曜は私も終日カウンターに出ております。土曜も。


そして、〜〜美味しい新入荷ウイスキーのご紹介〜〜



クライヌリッシュ 1997 18年 インプレッシヴ・カスク

北ハイランドを代表するシングルモルトとして多くのファンを魅了してきた「クライヌリッシュ」ですが、1997年蒸留のこのヴィンテージは当たり年だそう。ワインによく使われる表現ですが、シングルモルトのその表現も多種多様化してきましたね。
これぞ「クライヌリッシュ」という柔らかで豊かな味わいをお楽しみ下さい。

個人的にはストレートから徐々に加水してみるのも楽しめる1本だと思います(*^^*)


気に入ったお客様から、あまり宣伝部しないでと言われましたが(笑)しちゃいました〜〜!



 



飲もう!

Posted by sayaca on 18 February, 2017
Category ブログ


『12周年!』


来週24日・25日の二日間は!お客様感謝デーとなります。
日頃ご愛顧頂いておりますお客さま、ご無沙汰のお客さま、これからいらっしゃるお客様、ご来店のミナサマにもれなくお楽しみ頂けるお得な2日間ですので!
ぜひともいらして下さいますよう、お願い申し上げます(^^)/



どれをとっても必ずお得です。。。。



24日、25日の二日間はワタクシも終日カウンターに出ていますので、皆様のご来店を楽しみにお待ちしています(^^♪

美味しいお酒で乾杯!しましょう!!


そして今夜もみなさまのお越しを心よりお待ちしております・・・!


 



『今週のオススメ・ウイスキー』


今日は春一番だったとの事ですが・・
日中の強風でより一層大量の花粉が舞っていることでしょう。花粉症のミナサマは同かマスクを忘れずに・・・。


~アイラモルト特集のご紹介~

今日からのこちら、以下のラインナップです。ご興味ある方はご覧くださいませ(^^♪




◇ラガヴーリン16年
★ゲール語で、「水車小屋のある窪地」という意味の蒸留所は1816年に創業。ピーティさとスモーキーさの中にリッチで重厚なコクとベルベットのような滑らかな舌触りの美酒です。スタンダードの16年と先日入荷した”ダブルマチュアード”もオススメです。


◇カリラ12年
★カオルアイラとも飲めるこちらは「アイラ海峡」の意味。800Mほどの狭い幅の川のような海峡でロブスターやカニの有数の漁場だそう。スモーキーでピーティだが比較的軽くドライでアイラモルト入門編にも。だが個性はしっかりあります。


なぜか増えてしまったスタンダード以外のラインナップです。


◇キルホーマン・ソーテルヌ・カスク
★2005年にアイラ島に124年ぶりに誕生した蒸留所。自家栽培の大麦、フロアモルティング、など自家製にこだわるアイラ島最小の蒸留所。ファーストリリースはなんと2年熟成ものでした。当時ボトルの青いラベルが斬新でしたが蒸留所で使われている樽のj上部も真っ青で可愛い?。
ソーテルヌはフランスの代表的な甘口貴腐ワインを作る地名で、そのワインの熟成に使われた樽を使用したキルホーマンです。


◇ラフロイグ・クオーターカスク
★「広い入り江の美しい窪地」という意味のとおり、白く塗られた外壁と黒い屋根を持つ、スコットランドの蒸留所の中でも1,2を争う建物の美しさと言われる。1815年創業だが1950~70年代にかけては女性の所長が蒸留所の発展に大いに貢献されたそうです。
ヨード臭が強く薬品の様なフレーバーがあり、有名な話では英国王室のチャールズ皇太子ご愛飲のモルトでもあります。


◇ボウモア・レジェンド
★アイラモルトの中では一番の有名銘柄でもあり、1994年からはサントリー社が蒸留所の所有者となった事で、日本でも知名度は高まっている。また多くのシングルモルト原酒はブレンデッドウイスキーのブレンドに使われる割合が大きいが、ボウモアの原酒の90%ほどは自社用だそう。シングルモルトとしての需要が高いことが伺えます。
ピーティでスモーキーだがフローラルさなども持ち合わせた、アイラの中でも最もバランスの良い中心的なモルトです。



オフィシャルとボトラーズのボウモア。ソサエティ・ボトルの”3”はボウモアのナンバーです。


◇アードベッグ・TEN
★「小さな丘」意味するこの蒸留所は1815年に創業するも、何度もオーナーが変わり1980年~89年くらいの間は生産をストップし1滴も作られていないという。アードベッグが蘇ったのは当時15億円で買収された1997年。その後、リリースされる限定ものは人気が高まり現在安定して流通しているのはこのTEN(10年)くらいです。
ピート香・ヨード臭・スモーキーフレーバーなどアイラの要素が最も強いモルトであり、アイラファンも支持する伝統の1本です。


◇ブナハーブン・2005・11年 (ケイデンヘッド)
★オフィシャルボトルが当店に無いため、ボトラーズからのおすすめです。
本来はアイラモルトの中で一番ライトで癖がない(アイラの軽量級)と言われますが、こちらはミディアムピーテッドタイプのカスクストレングス。


◇ブルイックラディ・1991・24年 (ケイデンヘッド)
★2001年、伝説の男と呼ばれるジム・マッキュワン氏がそれまで閉鎖され荒れ放題だった蒸留所を復活させリニューアルさせたジブルイックラディ。以来、様々な試みでモルトをリリース。アイラ島で唯一、ボトリングの設備を持っているのもこの蒸留所だそう。
ピート香、ヨード臭などのアイラっぽさは穏やかでエレガントなウイスキー。この24年物はオフィシャルのモルトではお目に懸れない、ハイ・コストパフォーマンスなウイスキーです。


麻雀牌ラベルがブルイックラディ。お隣はラフロイグでした。


さて、このようなアイラモルト達ですが、とても個性的な味わいですので苦手な方も沢山いらしゃいます。
ですがハマってしまうと癖になって大変なウイスキーです(笑)

なお、アイラ島では今は閉鎖されたポートエレンという蒸留所がありましたが、2017年の現在、何処かのBARで見かけたら物凄く貴重なのでご興味のある方は飲んでみて下さい。GIN-JOINTSでは数年前に売り切って以来おそらく今後もバックバーに並ぶことはないでしょう・・・・・・(^^;)
 





花粉舞い散る今日この頃・・・


グラミー賞が発表され、二人の日本人が受賞されてとても喜ばしく思います(^^♪

お店のBGMも新たな音源を追加しました。
グラミーは関係なさそうですが・・・・(^^;)
GIんーJOINTSらしさとして、何気なく聞き流して頂ければ。


さて、明日からの『今週のオススメ・ウイスキー』では、アイラモルト特集をご用意しています。
個性の強いこのアイラ島のウイスキーを好んで飲まれる強者のお客様にも、まだ未開の世界と思うお客様にも、ほんの少しのお楽しみになればと思います。

メニューはボウモア・アードベッグ・カリラ・・・エトセトラ、オフィシャルボトルを中心に。
近々飲み比べセットもサービスさせて頂こうと企画中です(^^♪


週末のおつまみには、美緒さんオススメ、「ウイスキーに合う燻製盛り合わせ」をご用意しています(*^^)v


そして来週末はいよいよ周年企画!!
ご案内が遅くなりましたが、24日・25日の二日間はお客様感謝デーといたしまして、こんなお得な企画にしちゃいました!


”ご来店のお客様へ、メンバーズカードのポイント3倍”

”ショット¥1000以上のウイスキー全て30%OFF”

”キープボトル20%OFF”

”その他・・・?”


更に詳しくは、後日お知らせ致しますが、GIN-JOINTSは今月末で12周年(今年トータルで14周年)となります!
パ―ティーではありませんので、ぜひこの二日間はいつも通りに、お気軽にいらしていただきたい です!

どうぞ、宜しくお願い申し上げます(^^♪





 



バレンタイン・デ~~~~~

Posted by sayaca on 14 February, 2017
Category ブログ


「GIN-JOINTSではハッピーアワーは19:00まで、ミールセット&ポイント2倍です」



さて今日はバレンタインデーですが、ニュースで聞いたのは「俺チョコ」なる言葉。

昨今は男性が自分の為に美味しいチョコレートを買うのですね・・・・

私も毎年買っていますが・・・(^^;)

そう、スタッフのオカム~さんはチョコレートを食べるとアレルギーが出てしまうのです。➡カカオ・アレルギー?


という訳でバレンタインデーの今夜、GIN-JOINTSでもちょっとしたものをご用意しています(*^^)v
ぜひ、そ知らぬふりでいらしてくださいませ・・・・








 



本日営業しております。

Posted by sayaca on 11 February, 2017
Category ブログ


《本日祝日ですが、16:00から通常営業です》

お休みではありません。お間違えのないようお願い致します(^^)


〜新入荷ウイスキーのご紹介〜〜



『ラガヴーリン ディスティラーズ・エディション ダブルマチュアード1999-2015』

元々ラインナップの少ない、アイラモルトのラガヴーリンから限定でリリースされる、ディスティラーズエディション。

シェリーなどの貯蔵に使われていたカスクで、
二回目の熟成(ダブルマチュレーション)を行っています。
際立った個性を持つドラム(一杯)で、力強いピートの香りを感じさせつつ、
「ペドロヒネメス」シェリーカスクの自然かつ大きな影響を感じさせます。
深みや情熱的な味わいでは16年に一歩譲りますが、より甘美なラガヴーリンを味わえるようです。

ぜひお早めに‥!

〜〜週末のおつまみは〜〜
「ホタルイカとマッシュルームのアヒージョ」
これはおいしいです。ホタルイカのエキスがアヒージョオイルに染み込んで‥

そして今月最終週末の24日、25日は今年GIN-JOINTS14周年を迎えると言う事で、ご愛顧企画を予定しております!
ウイスキーがお得な2日間となりますのでぜひ、みなさまにお越し頂きたいと思っております。詳しくは後日お知らせ致します•*¨*•.¸¸♬
 



『今月のカクテル・メニュー』



先日のブログで、私たちのカクテルコンペに出品するカクテルをご紹介しましたが、
今日からリニューアルの”2月のおすすめカクテル”にも載っていますのでよろしくお願い致します。

旬の苺をピューレし、スピリッツと合わせたカクテルもおすすめです(^^♪




似たような写真ばかり・・・(笑)

ダイキリ・マティーニ・モヒートなど・・・

甘すぎない大人のカクテルに仕上げました。


ぜひお楽しみください(^^)/
 



コンペ出品カクテルと浅野さん。

Posted by sayaca on 07 February, 2017
Category ブログ

『新人スタッフ』

ご紹介がだいぶ遅れましたが、昨年末に勤め始めた大学生のアルバイト、浅野優希代さんが今夜も出勤しております(*^^)v

月・火のみ、23:00までの勤務ですが、皆様どうぞよろしくお願い致しますm(__)m



そしてそして、来月開催のPBOバーテンダーズ・コンペティションのお知らせです!



去年に続いて、わたくし鈴木と、美緒さん、そしてオカムさん(初参加)で1部のクリエイション・カップに出場します。

それぞれの創作カクテルを壇上で5杯分を作り審査して頂くカクテルコンペティションです。
(書くのは簡単ですが、5杯分のお酒を一度にシェイクするのに特訓が必要です。。。。(^^;))


我々の出品カクテルは・・

”heavenly garden" ヘブンリー・ガーデン

”Callejon del beso” カジェホン・デル・ベソ”(メキシコにある、「口づけの小道」という名のついた通り)

”Girl's Bravo!” ガールズ・ブラボー

の3つです。
お店でもお作りできますのでぜひ、ご興味のある方はご賞味下されば嬉しいです。

詳しくはスタッフまでお尋ねくださいませ!

 



『ハイランドモルト厳選8銘柄』

本当に良いお天気ですね。
ピクニックして、缶ビールをプシュっとやりたいような気分です(^_^;)
あ、ウイスキーでも良いですね〜〜‥‥♪


今週のおすすめウイスキー、ハイランドモルト特集のご紹介です。



◇ザ グレンタレット 2種類
こちらの蒸留所の1番の特徴といえば、人間に換算したら161歳という人類未踏の長命をまっとうし、生涯で28899匹のネズミを捕まえたということでギネスブックに載った、タウザーという猫ちゃん。その功績を讃えられて死後は蒸留所に銅像が建てられるほどだそうです。
現在では衛生面で捕らえられるネズミも減っているそうですが、その昔は、害獣駆除員として蒸留所で猫が飼われる事は珍しくなかったそう。

グレンタレットはシェリーカスクとトリプルカスクの2種類がメニューに載っています。

◇フェッターケアン
マイナー銘柄ではありますが、スコットランド政府認可第2号の蒸留所であるということ、ハイランド地方にある40余りの蒸留所の内古くから現在まで稼働している蒸留所であり、シングルモルトとしてボトリングされる事も少ないという貴重なフェッターケアン。
特に長期熟成ものが重宝されているようですが、今回おすすめするのが1989年蒸留所2005年瓶詰めの少し古酒で北米のボトラーズブランドのものです。
上等なお菓子のような雰囲気の味わい。

◇ザ デヴェロン
マクダフ蒸留所で作られるシングルモルトですが、蒸留所名と銘柄が異なるという事がとても珍しいザ デヴェロン。こちらは日本では2015年にオフィシャル・ボトルとしてようやく一般的に発売されたものです。色付きすりガラスのボトルも変わっています。

◇ウルフバーン
先週、新入荷ウイスキーとしてメニュー入りしたばかりですが、その美味しさに早くもボトル半分以下となっています。詳細は以前のブログにて。

◇ロイヤル・ブラックラ
ウイスキーの蒸留所として初めて英国王室御用達を与えられていますが、長い間、ほぼブレンド用に使用されていてシングルモルトとしての日の目を見れたのは、ザ・デヴェロンと同じく2年ほど前。ロイヤルの名に相応しい落ち着きのある味わい。

◇グレンオード
これまでに決まった形がなく様々なスタイルで公式のボトルがでていますが、決して有名銘柄ではありません。今回はザ・ソサエティの「クリーンでグリーンな航空機」(なんのこっちゃ)をメニュー入りさせています。

◇クライヌリッシュ
ハイランド・モルトと言えば5本の指に入る有名銘柄のクライヌリッシュ。
かつては同蒸留所敷地内の隣にブローラという蒸留所がありましたが、経営上どちらか一方しか生き残れないという事でクライヌリッシュが残りました。
1982年頃、閉鎖されたブローラの方はと言いますと多分に漏れず、現在入手第困難(というか殆ど市場にはありません)にて幻のモルトとなっています。


さて、ミナサマの好きなハイランドモルトをぜひ、見つけてみて頂ければ嬉しいです(^^♪




 



豆まきはしないけれど、、、

Posted by sayaca on 03 February, 2017
Category ブログ

『今日からのメニュー』


明日は立春だとかで、今日も千葉は穏やかに晴れていますね。

節分の今夜は、トリッパのトマト煮込みならぬ、「モツとレッドビーンズのトマト煮込み」を美緒さんが仕込みました(^^)



ぜひ、おつまみにどうぞ‥♪


そして今夜から「今週のおすすめウイスキー」は、〈ハイランドモルト特集〉に変わります。

オフィシャルからボトラーズまで吟味したメニューとなっておりま(^^)
ぜひ、色々とお試し頂ければ嬉しいです。



 



ブレンデッド・モルト、紳士と猿。

Posted by sayaca on 02 February, 2017
Category WHISKY





”ジョニー・ウォーカー・グリーン・15年”

タリスカー他、4銘柄のモルト原酒をキーモルトに15年以上熟成させた原酒をブレンドして造られた、グリーンラベルのジョニー・ウォーカー。
世界NO,1と言われるブレンデッド・スコッチ・ウイスキーのこのウイスキーのラベルには、ブランドアイコンの先駆けとなる闊歩する紳士「ストライディングマン」が描かれています。



”モンキーショルダー”

2005年にスコットランドで発売され、当時は世界初のトリプルモルト・ウイスキーと言う事で、とても珍しかったのです。

トリプルモルトというのは、3つの(銘柄の)シングルモルトをブレンドして造られるという意味で、現在では、異なる銘柄のモルト同市をブレンドして造られるウイスキー=ブレンデッド・モルト・ウイスキー(この呼び方もここ数年ですが)というはのそう珍しくはないのですが、このモンキーショルダーのデザインも手伝って、近年また注目を浴びているそうです。

ちなみにモンキーショルダーとは、ウィスキー職人たちの職業病から。大量のモルトを手作業で混ぜ合わせていた時代に多くの職人が肩を痛め、その職業病を「モンキーショルダー」と呼んでいたそうなんです。(へ~~)


ジョニー・ウォーカー・グリーンも、モンキーショルダーもブレンデッド・モルトと言う事で、
そのままお飲みになるもよしですが、ハイボール、水割りなどでもオススメです。ぜひお試しくださいませ!
 



ジン・トニックの違い。

Posted by sayaca on 02 February, 2017
Category SPIRITS

、先日入ったジンについて・・・


この何ともコミカルなイラストが(笑)ですが・・

緑のラベルの方のジン、色々とやってみましたが、シンプルにジン・トニックがとっても良かったです。

いつもの当店のヴィクトリアン・ヴァットで造るジン・トニックとの違いが凄くあって、こちらのミッケラー・ジン・トニックも美味しいので、
ぜひお試しくださいませ・・・



 



オススメのチーズ。

Posted by sayaca on 02 February, 2017
Category food



おつまみの少ないGIN-JOINTSの密かなオススメチーズの一つ・・・



フォレストスモーク・チーズです。(写真が悪くてすみません・・・)

仕入れ先が変わったため、この春からはホール(カットしていない丸のサイズ)で取り寄せています。

当店、フードなんてそうそう出ないので日持ちのしないものは基本的に置けませんが、このチーズは長く保存が出来るので重宝しているのです(*^^)v


一般的な市販のものより柔らかく、クリーミーで濃厚、スモーク香の詰まった表の皮はウインナーの皮のようにプリッとし、ビール、ワイン以外にもお酒のお供としてお楽しみ頂けます。もちろんお好みはあると思いますが・・・このスモークチーズを知ってから、個人的にはこれが一番、と思っているワタクシです(^^♪


ぜひ一度、召し上がってみて下さいネ。。。



 



初めてのPBO新年会

Posted by sayaca on 01 February, 2017
Category ブログ


いよいよ2月!

寒さもあと数か月、そして花粉の季節到来です。
もう鼻喉、いがいがムズムズです( ;∀;)


さて、先月末、所属するPBOの新年会が行われ、私と美緒さんで参加させて頂きました!
全国から多くのメンバーの方々が集まり、一部はPBO恒例のボーリング大会。
ボーリングの苦手な美緒さんも、同じチームの大先輩方にフォローされながら次第に大盛り上がりし、場所を移動しての新年会では中々お話する機会のない、同業者の方々と、カクテルコンペや各地の活動など貴重なお話を伺うことができ、楽しくも勉強になった会となりました。



沢山の方たちと(#^^#)


さて、今週は
少し前から作ってみたかった”自家製ジンジャー・シロップ”を仕込みました。
ソーダで割ればG-Jオリジナル・ジンジャーエールです♪

ただ、このシロップの見た目が凄く悪いのでどうしようと思ったのですが・・・



うーむ。
やはり見た目悪いですヨね・・・・・(^^;)


ともかく、近々、メニュー入りいたしますので、しばしお待ちくださいませ・・・・


あさって金曜からの「今週のおすすめウイスキー」は、スコットランドのハイランド地方のモルトを取り上げます。
同じ地域での味わいの違い、お楽しみ下されば嬉しいです・・・(^^♪