トマーティン・ク・ボカン

Posted by sayaca on 18 October, 2017
Category new arrived

長年愛用していたボールペンが壊れてしまって半年、、やっと修理の見積もりを出したのですが無料になるとのこと・・・!!保証期間もとっくに過ぎているのにとってもありがたいwatermanです(^^♪



~~新入荷ウイスキー情報!!~~

先月メニュー入りをしたトマーティンからのラインナップですよ


null

”トマーティン・ク・ボカン・バーボンカスク”


スコットランドで幾世紀もの間に渡り、その地方を守る番犬である「魔犬」の伝説。それぞれの地方で色々な呼び名をもち、現在まで語り継がれているそうです。

「ク・ボカン“Cu Bocan”」と呼ばれる魔犬の言い伝えは・・・

「その姿は、牛の様に大きく黒く、長い毛で覆われた体躯で、鋭く燃えるような真っ赤な眼という。目撃した村人は一様にその容姿に動くことも出来ず、ただ立ち竦むだけで、ゆっくりと村人の方に向かって近づき、瞬く間に村人の顔の前に迫った後、濃紺の薫煙を残し、大地に吸い込まれていくといいます。そして、吸い込まれた大地からは極上のピートが取れると言い伝えられています・・・」

その魔犬の姿がボトルに描かれているク・ボカンは、ピーテッド大麦麦芽を使用したトマーティン原酒を、ファーストフィルのバーボン樽のみで熟成したウイスキー。

原酒由来の甘みにバーボン樽特有のトロピカルな要素が加わった味わいに、ピーテッド麦芽によるかすかなスモークが絶妙なスパイスとして効いています。


ぜひ、ご賞味くださいませ・・・(^^)/


ボカンと聞くと、、タイムボカン!

 



秩父限定ウイスキー

Posted by sayaca on 08 July, 2017
Category new arrived



九州の方は大雨による甚大な被害が続いているようですが、
千葉はほんとうにあっけからんとした良いお天気に恵まれすぎています。

これ以上災害が酷くならない事を祈ることしかできません。。。



さて、夏も間近、さっぱりとしたカクテルをお一ついかがでしょう?

null

紫蘇とウォッカのトニック・カクテル。
ボストンシェイカーでお作りします(^^♪


昨日もとっておきの新入荷のお酒をご紹介したばかりですが、今週はもう1本、、、
これは手に入ったのが奇跡です。

null


”イチローズモルト・秩父×KUSUDA 2017”

秩父出身の楠田さんがニュージーランドで手掛けるワインの空き樽で秩父蒸留所のウイスキーを熟成をさせました。

非常に貴重な限定ウイスキーです。


ぜひお楽しみくださいませ・・・!
 





待ちに待った、新入荷のお酒お知らせです(^^♪

バーン・・と行きますので、ぜひこの週末お試しください!!



null

”ピュアモルト・ウイスキー・山桜”

福島県郡山市の笹の川酒造さんが手掛けるウイスキー。3つのタイプのモルト原酒をヴァッティングしています。
ラベルがとってもハイセンス!


SMWS<ソサエティ>からは2銘柄です。

null

”カリラ・2000/16年”
16年とは思えない、マニアックなモルト好きには満足度の高い1本です!私、久々にこのカリラは凄い!と唸りました(笑)
そしてこれまでの中でも最高の度数です(笑)


”ストラスアイラ・2006/10年”
ソサエティでは珍しい銘柄が出て参りました。
色味からしてデザートのようなウイスキー。甘い、ねっとり、フルーティ感がたまりません。。。。



京都発、ジャパニーズ・クラフトジン「季の美」


ついにここまで揃いました。。。。

null

なんとこちらは・・・

null

マティーニの師!毛利バーの毛利隆雄氏の70歳およびバーテンダー歴50年を祝してつくられた特別な季の美だそうです。
もちろん、一般には販売していません。

もうこれは、「マティーニを作るしかないね!」などとスタッフ間では話題にしておりました(^^♪

勿論お好きなお飲み方でお召し上がりください。
 



as we get it!

Posted by sayaca on 21 June, 2017
Category new arrived



久々の大雨です。

みなさまお足下に気を付けてくださいませ。。。


ここのところ、happy hour time(16:00~20:00)が静かなGIN-JOINTS・・・


謎のアイラモルト入荷です(^^♪

<br />

「AS WE GET IT」
この名前は昔から蒸留所で働く人たちの間で「樽からそのまま」、つまりカスクストレングスのウイスキーを称して、古くからこう呼ばれていました。カスクのウイスキーが今のようにほとんど発売されていなかった時代には、珍しさもあり、樽出しウイスキーの代名詞になっていたようです。
シンプルなラベルもいいですネ(^^)/

その通りアルコール度数は高いのですがアイラ好きにはたまらない刺激のas we get it。
この季節、ソーダで割るのもオススメです!



 



ケルピー?

Posted by sayaca on 17 June, 2017
Category new arrived



”本日はモルトサタデー”

昨日は滋賀県の長濱蒸留所の生まれたてウイスキーのご紹介をしましたが、
本日、今月発売されたばかりのアードベッグの限定品がやって来ました。

null

「アードベッグ・ケルピー」

なんだか可愛らしいですが、アイラのシングルモルト”らしい”ボトルですね。

世界で最もピーティー(泥炭)でスモーキーな風味の中に、繊細な甘さと複雑さを感じられる個性的な味わいから熱烈なファンも多い、アードベッグ。

この『ケルピー』は、アードベッグにおいて初めて、黒海(アディゲ共和国)産のヴァージンオークで作られた樽を使って、原酒を熟成、その原酒とバーボン樽で熟成した原酒をヴァッティングし、アードベッグらしいピーティーかつスモーキーな風味を最大限に引き立たせると同時に、クローブやハーブ、豊かなトフィーの余韻が海のように深く続くよう仕上げられています。

アードベッグを育んだ海に対するオマージュとして、アイラ島を囲む海に住まうと言い伝えがある伝説の海の精“ケルピー”にちなんで名づけられました。

こちらも、昨日入荷の”長濱ニューメイク”2種類と共に今夜限り、モルトサタデーにてテイスティング価格となります(^^♪

ぜひともお楽しみくださいませ・・・・・・・・・!!!



 



久々の感動ウイスキー

Posted by sayaca on 16 June, 2017
Category new arrived

気付いたら・・・今週はお久しぶりの更新で・・・みなさますみませんm(__)m。
体調が悪いとかではありませんので・・・(誰も心配してない?)どうか飽きずにお付き合いくださいませ(^^)/


梅雨という事で、
さっぱり目のカクテルを今月のおすすめにしております。
昨日ミントを大量に仕入れたので、モヒート、ミント・ジュレップ、どんと来いです。



~~新入荷ウイスキー~~

100年後に喜ばれるウイスキーづくりを目指して・・・

null

滋賀県の琵琶湖湖畔にあるクラフトビール・長濱浪漫ビールを製造する会社が2016年に立ち上げたばかりの小さな蒸留所、”長濱蒸留所”で造られたばかりの「長濱ニューメイク」と「長濱ニューメイク・ライトピーテッド」の2種類を入荷しました。

実はまだウイスキーと呼ぶ前の段階で、樽熟成前していない蒸留したての原酒(ニューポット又はニューメイク)なんです。

ライト・ピーテッドの方は燻したモルトを多めに使用しほのかに煙臭くスモーキーでミルキー、穀物由来のモルティーな風味。

「100年後に喜ばれるウイスキーづくりを目指して」ウイスキーづくりを始めた長濱蒸留所、この2つの”生命の水”を飲んでみればこれから出来上がるウイスキーがどれほど楽しみか、とウイスキーラバーのワタクシはテイスティングをしてみて感動する味わいでした(^-^

GIN-JOINTSおすすめの飲み方は、ストレートではなく、氷をいれたロックです。産まれたての蒸留酒がしっかりと味わえます。


贅沢!と怒られそうですが、実はソーダ割りも試してみたところいわゆる「ハイボール」ではなく、カクテルとも呼べるような複雑で風味の美味しいものでした(^^♪

こちらの2本は、
明日のモルト・サタデーでテイスティング価格となりますが、今夜もお飲み頂けます!
ぜひ、ご興味のある方に1度はお試しいただきたい2本です。