SMWS

Posted by sayaca on 01 January, 2017
Category Bottlers whisky


「ザ・スコッチ・モルト・ウイスキー・ソサエティ」(以下SMWSと略)のお話です。

このSMWSとは、1983年にスコットランドで、ピップ・ヒルズが数人の仲間とシンジケートを組みスペイサイドの蒸溜所(No.1)から樽を購入し、分け合った事から始まりました。

そのウイスキーの味わいは素晴らしく、仲間がまた仲間を呼び、シンジケートはまたたく間に発展しソサエティを形成するまでに至ったのです。ザ・ソサエティ設立の趣旨は、世界で最も素晴らしいスピリッツであるウイスキーを愛し、仲間同士で分かち合い、認識を深め、味わい、そして楽しむ事にあります。
現在では世界のウイスキー愛好家に広まり、1993年には日本支部が誕生しました。


ソサエティのシングルモルト・ウイスキーは、本部の選定メンバーがスコットランド各地にある蒸溜所の協力を得て樽を厳選し、そのウイスキーが樽の中で眠っていた状態で瓶詰しています。
これは、「熟成されていたままのウイスキーを飲みたい!」というザ・ソサエティ設立当初からの方針です。

また、ソサエティで一番のこだわりは、ラベルには蒸留所名を記載せず、ソサエティ独自で認定した蒸留所ナンバーと樽ナンバーやロゴなどをどのウイスキーも同じようにしていることです。




こちらはジャパニーズ・ウイスキーの「余市・1987」です。



 

 

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

この記事へのコメント

まだコメントはありません

この記事にコメントする

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。