カクテル話(22)

Posted by sayaca on 02 January, 2017
Category カクテル話

『グラスホッパー』

生クリームを使いふんわりと仕上げた、デザート・カクテルの中では、特に若い年齢層の方に人気の高いグラスホッパー。

英語で、バッタもしくはキリギリスの意味があります。
色合いは、バッタらしいとは言えますが、どちらかと言ったらバッタなどが自由に跳びはねる、草むらなんかのイメージの方がよいのでは…と思っております。

現在はどちらのバーで注文をしてもシェイカーを使う姿を見かけますが、、誕生当時は材料をグラスに注ぎ重ねて層にする、プースカフェ・スタイルでした。

リキュールはミント、カカオ、そして生クリームがはいりますが、クリームを使うカクテルというのも中々難しいのですが、空気を含みフワッとした口当たりに仕上げると、喉越しも滑らかに飲みやすくなります。

また、バリエーションも中々で、ミントをメロンに変えるとメロンホッパー、カカオをコーヒーに変えるとコーヒー・グラスホッパー(メキシカンホッパー…)ともなります。
私も昔、この系統が大好きでした(笑)たまにはデザート代わりにでもいかがでしょうか?


 

 

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

この記事へのコメント

まだコメントはありません

この記事にコメントする

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。